脱毛エステサロンでの脱毛は自己処理の負担を減らし、いつのまにか濃く伸びてしまうムダ毛の悩みを解決してくれます。

自分では見えない部分には自己処理ができないため、費用をかけずに脱毛したいという人でも手が届かない部位の部分脱毛は必要です。

今回は脱毛部位の種類や、その部位への脱毛がおすすめの人について解説します。

脱毛部位: 腕

腕は自分でも一番目につきやすい部位で、他の人に物を渡す時や方向などを指差す時などにも気になる部位です。

半袖のシーズンには常に気になりますが、冬でも七分袖を着たり作業で腕まくりをする時など、油断はできません。

また、秋冬は春夏よりもあまり自分の腕を見なくなるのため、つい脱毛に手を抜いてしまうという方も多いのではないでしょうか。

久しぶりにしっかりと腕を見たら太いムダ毛がたくさん生えていたという経験のある人も多いはずです。

腕の脱毛は向いていない人はいないですが、ほとんどの脱毛では怪我をしている部位やホクロやシミなどの黒い部分には施術を行うことができません。

したがって、腕脱毛が向いている人は肌荒れやホクロが少なかったり、あったとしても範囲が狭い人です。

例えば、怪我や生まれつきのもので脱毛できない部位が広すぎる人は、施術を行っても脱毛できない部分は避けられてしまいます。

そのため、向いているのは元々肌そのものは綺麗で、ムダ毛に悩んでいる人ということになります。

腕は紫外線などで乾燥しやすい部位でもありますが、乾燥が強いときにも施術を断られてしまうため、普段からの保湿ケアが重要です。

特に、脱毛後は肌の乾燥が強くなる傾向があるので、これまで乾燥とは無縁だった方も注意してくださいね。

脱毛部位: わき

ワキ脱毛は女性に人気があり、大手の脱毛エステサロンでもキャンペーンを行い、ワキ脱毛を格安で提供していたりしますよね。

なぜキャンペーンを行う部位でワキが多いのかというと、ワキ脱毛は女性からの需要が高いからです。

ワキは太い毛が生えやすい部位であるにも関わらず、夏は半袖の隙間から見えてしまうこともあります。

自己処理をすることは可能な部位ではありますが、簡単には自己処理ができません。

ワキの脱毛需要が高まるのは水着を着るシーズンでもある夏ですが、夏に水着をスタートするのでは遅すぎるので注意してください。

脱毛は毛周期に合わせて行うことで効果が高まるため、海などに行く直前に脱毛エステサロンを利用するのは遅すぎです。

また、火傷や肌荒れの原因になることから海に行く前後の脱毛は禁止されています。

定番の光脱毛では毛が抜け落ちるまでに数週間かかるため、即効性はありません。

したがって、夏に向けてワキをツルツルにしたいなら、遅くても秋冬のうちから脱毛を開始して目標の時期までにムダ毛を細くしておくことが重要です。

ワキ脱毛は3回目から効果を実感することができ、平均で6回目で施術が完了します。

夏に強く意識するワキ脱毛も、1年程度かけてツルツルにしなければいけません。

脱毛部位: 脚

脚はストッキングを履いていればムダ毛が目立たない部位だと思いがちですが、それは間違いです。

ストッキングを履いていてもその下の黒い毛は目立つことがありますし、ストッキングを脱ぐ機会もゼロではないので油断は禁物です。

特に、普段からミニスカートやショートパンツを履くことが多いという人は、注意しなければムダ毛処理を怠っていることがバレてしまいます。

脚の脱毛に向いている人は範囲が広い部位を時短で脱毛したい人です。

なぜなら、脚は全部を自己処理をするのは大変な部位で、時間がかかってしまうからです。

その脚の脱毛の費用を節約するくらいであれば、脱毛はプロに任せて自分の時間を有効に使いたいですよね。

さらに、自己処理ならその場のムダ毛がなくなるだけですぐにムダ毛が復活してしまいますが、脱毛エステサロンの脱毛器には根本的に毛をなくしてくれる嬉しい効果があります。

脚を表面だけでなく裏側まで綺麗に脱毛し、美脚効果を狙いたい人に脚脱毛は向いています。

ただし、脚脱毛は範囲が広いためサロンによってはひとつの部位とされず、膝上・膝下・足首より下と細かく分けられることもあるので契約前に確認しておきましょう。

脚脱毛は通常の光脱毛では、脱毛終了までに2年~3年と長い時間がかかります。

脱毛部位: VIO

VIOはセットになっている脱毛部位ですが、具体的にそれぞれはどの部位をさすのでしょうか。

これはそれぞれの文字がその部位の形を表しています。

したがって、Vラインはデリケートゾーンの少し上のV型の部位、IラインはVラインの下からお尻の手前までの脚の付け根のI型の部位、Oラインはお尻の穴の周りをぐるりと囲んだ部位です。

他の部位がツルツルになるまで脱毛エステサロンの施術を繰り返すのに対し、VIOは少し毛を残すのがスタンダードとなっています。

もちろん、海外など他の部位と同じくらいツルツルにするのが定番である場合もあります。

しかし、日本の場合は逆三角形やスクエア型などの形を作るのが一般的です。

形を選ぶときには自分の希望する形を脱毛エステティシャンに伝えるだけです。

VIO脱毛は自己処理での難易度が高く、自分で施術したくても形を作ることができなかったりIラインやOラインは見えない部位でもあるので処理そのものができません。

つまり、VIO脱毛をしたいなら脱毛エステサロンを頼るしかない、ということになります。

VIO脱毛をしておくことで、海に行くときにもムダ毛が水着からはみ出してしまう心配もなくなります。毛を少し残すということもあり、脱毛完了までは個人差があります。

脱毛部位: うなじ

うなじは自分では見えない部位で、アップヘアにしたときなどに脱毛処理をしていないとそれがバレてしまうので注意をしなければいけません。

うなじの脱毛を完了していない人は髪型を選べず、髪を下ろしたヘアスタイルにするしかないですよね。

そして、何よりうなじは自分ではどのような状態になっているのか確認することができず、自分の目の届く部位と比較して脱毛エステサロンできちんと脱毛する人も少ない部位です。

しかし、うなじまで気を遣って脱毛していると女子力が高く見えるといったメリットもあります。

うなじはVIOと同じように自分で好きな形を選ぶことができ、ストレート型やW型、MW型などの形に分けられます。最近はMW型が人気で、髪型が映えるとともに肌も綺麗に見えるのがこの形です。

うなじをどのような形に脱毛するかは自分で選ぶことができますが、よくわからない人はMW型にするか担当の脱毛エステティシャンにお任せするのが良いでしょう。

うなじ脱毛が向いているのは色々な髪型を楽しみたい人や、脱毛をすることで後ろ姿に自信を持ちたい人です。

うなじや首の濃いムダ毛は意外と気づかず、背中の開いた服を着てしまう人も多くいます。そのようなときにも、うなじの脱毛が完了していれば不安はありません。

脱毛部位: 背中

背中は範囲が広い部位であるため、脱毛エステサロンでは一度に背中の全部を施術できないこともよくあります。

全身脱毛のコースでは需要が大きい背中の上半分しか含まれないことも多く、背中の下半分は処理しないままでいる人も少なくありません。

もちろん、背中の下半分は自分でも見えないですし、普段は人に見られることもない部位です。

しかし、温泉に行ったり水着になったときには背中の下半分も見られますよね。

そのような機会に脱毛をした部位である上半分とまだ脱毛していない下半分のムダ毛の状態が違いすぎると、肌の見た目が変に感じてしまうこともあるでしょう。

背中脱毛で上半分だけで良いと思う場合は、下半分は脱毛しなくても十分です。

下半分を含めると追加料金を取られてしまうことが普通なので、完璧に脱毛したい人だけ追加することをおすすめします。

基本的に背中の上半分は誰もが施術を受けた方が良い部位だと言えますが、下半分は個人のこだわりで決めていけば良いのではないでしょうか。

また、背中脱毛は背中の毛が全体的に濃い人も検討するべきかもしれません。

背中のムダ毛が少なくなることによって、背中ニキビが解消し綺麗な肌へと変化してドレスなどを着るときにも自信が持てるでしょう。

脱毛部位: 鼻下

脱毛部位の中で意外と見落としがちなのが、顔脱毛の部位のひとつである鼻下脱毛です。

鼻下は産毛がヒゲに見えるため脱毛をするべき部位なのですが、それに気づく人は少ないという問題があります。産毛にも濃さがあり、濃い産毛は色が黒く他の人から見たら「ヒゲが生えている」と思ってしまうことも少なくありません。

また、鼻下の産毛は女性にとっては少しデリケートで、話している相手の鼻下の毛が気になっても指摘することがなかなかできないですよね。

そういった事情もあり、実は恥ずかしい思いをしていたというのもよくある話です。

最近はマスクをしているためわかりにくいですが、食事をするときにはマスクをはずして相手と話します。

コロナ禍で気を配る人も減っているかもしれませんが、顔の産毛が目立つと清潔感がなく見えたりお手入れが不十分な印象を与えてしまいますよね。

しばらくはマスクをして生活することになりそうですが、それでも鼻下脱毛は身だしなみのひとつとして完了させることが大切です。

鼻下は部位としては範囲が狭いため、施術時間も短くて済みます。全身脱毛の部位には含まれていないことが多いですが、+αの部分脱毛で鼻下脱毛を追加するのもおすすめです。

まとめ

今では自己処理よりも脱毛エステサロンを利用する人が多く、脱毛部位も細かく分けられて全身で20部位以上となっています。

しかし、その部位全てを一度に脱毛するのは費用としても厳しいところがありますよね。

そこで、今回は脱毛初心者が悩んでしまう優先して脱毛すべき7部位をご紹介しました。

この部位は優先度が高いですが、他の部位で気になる部位がある人は積極的に脱毛エステサロンへ相談してみてください。

どの部位もだんだんと毛が薄くなっていくことを実感できるのは嬉しく、今まで脱毛にかけていた時間を有効に使うことができるのもお得ですよ。